やっと電話する

再び前駆陣痛が始まり

どうしようかと過ごしておりました。


夜9時頃には夫が帰ってきました。


「電話した?」と聞かれ

「まだ・・・」と。


夫、苦笑い。

心配してるくせに
なかなかアクションを起こさない嫁に
少し呆れていたことでしょう(笑)


しかし、もう一晩何もしないのは
何かあった時に後悔すると思い

やっと病院へ電話。


その日の夜勤と思われる
担当の助産師さんに代わってもらいます。



「陣痛ですか?」と聞かれ

「いえ、不規則なので前駆だと思うんですけど・・・」
から始まり、

昨日のおしるしが破水じゃないかと心配している旨を説明。


結論としては、

胎児が少しずつ降りてきて
子宮と卵膜の間からちょっとずつ出血してきているためで

おそらくおしるしで間違いないであろうと。

でも心配なら一度病院に来て内診しましょうか?

と言われました。


よかった、やっぱり破水じゃなかった。
(確定ではないけど)


受診するかどうか迷いましたが、
助産師さんの言葉を聞いて安心できたので

「もう少し様子をみます」
と答えました。

また何かあれば夜中でも電話してね、と
助産師さんは言ってくださり、

電話を躊躇して
心配し続けていたあの時間は何だったのだろう


と思いました。


相談してみて想像以上にホッとしたようです。

といわけで、
この時受診はせず。

下腹部痛は時々ありますが

さっさとシャワーを浴びて
寝ることにしました。


つづく

↓クリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村


この記事へのコメント